自分の放った価値観に苦しめられる

「資格持ってないと就職厳しくなるぞ」

toeicがこんな点数じゃ社会人として駄目だな(笑)」

 

と散々垂れてた父親が、リタイア後の就職難にぶち当たっていて、

合格していたと思った(報告していた)資格の科目が全て不合格で、

おそらく彼は自分が今まで子供に伝えてきた価値観に苦しめられるターンになってしまったのだと思う。

実家には色々なプログラミング言語の本が積んであったり、自治体が主催している勉強会でしっかりノートとった形跡とか見ると苦しくて苦しくて。

 

 

ノートをとることが勉強だという信仰もそうだし、自分の丈に合ってないことしてるけど止められないことにもそうだし。

 

仕事なんて人間力(?)だ!

という謎おじさんたちの主張はさておき、

資格があるから就職できたり社会人できるとかではなく、

ただ簡潔に、私はこれができるので御社でこのポジションの労働力になれますよ

っていうののマッチング具合だと思うのだけど。

 

今はなんて声をかけていいかわからないや。

 

心療内科通ってるとかは言わなかったけど、

身体壊して有給もう無いんだ〜って話したら、とても嬉しそうに

「じゃあ実家に帰ってまた(浪人の頃みたいに)引きこもるか?w」

って嬉々として聞いてくるので、彼はもう年金貰って不自由なく暮らしてはいるが、

自分が養っているということに何か達成感を覚えていたのかもしれない。

 

期待はしていなかったけど、まあ戦後の詰め込み教育から形成された安い価値観だし

資格落ちまくってて自信無い頃だろうしそういうこと言っちゃうのもしょうがないよね

って思いつつ、家を出て尚、人生観みたいなのが磨かれてない親の発言に少し落胆していた。

以前よりは期待しなくなったので落胆も少なくなったけど。

 

祖母もだんだん母性の押し付けみたいなのが孫の私にまで波及していて、

帰省すると精一杯のおもてなしを食らうのだけれど、食材がなんかあやしくて

急性胃腸炎になるのでもう帰省していない。

一人称も「ばあちゃん」から「かあちゃん」になってるし、

母親時代の思い出を繰り返す機械になってしまったみたいだ。

 

凝り固まった考え方になりたくないなあと思いつつ、

これを読んでいる人ならばわかるかもしれないが、もうすでに凝り固まっている。

 

地獄だ