ライチ紅茶の海

関心のあるフィードやツイートを掘り下げたりまとめてみたり言及したりするブログです。

ケツは拭きましょう

 

  

-小・中学校の頃は特に、ご家庭での生活文化が顕著に現れる時期だと思う。

 

・箸の持ち方

・人の家では靴を揃えて置く

・ご飯の食べ方(好きなものだけ食べる、出されたものは残さないなど)

・利き手(戦後世代の親は右利きに固執していた)   などなど

 

親は古い人だったので、上記の条件を満たすように育ててくれた。

しかし学校には自分の家庭環境とは全く異なる環境で育っているため、

全く理解ができない行動をする子供がいる。

 

それは、ウンコを流さない子供だ

 

ドアを開けると健康的な一本グソが鎮座している。

ウンコの流し忘れだったら、まだ、まああるかもしれない。

(自分のウンコの臭いに気がつかないことは珍しいと思うが、

 鼻が悪い場合も考慮しなければならない。)

 

 ただ理解できないのは、ウンコの流し忘れは総じて

トイレットペーパーがセットで置かれていない。

 

流し忘れの経緯を想像するに、おそらくだが、

彼 ら は ケ ツ を 拭 い て い な い 。 

 

これについては文化の違いを実感させられたものだ。

TOTOが開発してきたトイレ環境の改善活動が無に帰するほどの衝撃だ。

 

なぜケツを拭かないのかを考えるには、

私自身の異文化に対する理解度が低いため、

これ以上の考察ができない。

 

ただ、ケツを拭かない後の影響を考えるならば、

ケツを拭かないことによって味噌パンツが生まれ、お母さんが洗濯に難儀してしまう。

お母さんのためにもケツを拭きましょう、そうしましょう!

という啓蒙活動をすることしか私にはできない。

 

 

世界に対して、自分がいかに無力であるかを改めて実感させられた。