読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライチ紅茶の海

雑ブログ

コンビニ商品には"選ばなくていい"時間の付加価値がある

ナチュラルローソンの話である。

 

パンストが破れた。

 

ナチュローに行けばグンゼの頑丈なパンティストッキングが手に入る。

 

美味しいチョコレートが食べたい。

 

ナチュローに行けばThe Chocolateがほぼ全種類手に入る。

 

化粧水切らしちゃった。

 

ナチュローに行けばLeaf & Botanicsの化粧水が手に入る。

 

これ全部、私がAmazonレビュー片っ端から読んだり

小売店を探し歩いたり、友人からのおすすめ聞いたりして見つけた商品なんだけど、全部ナチュラルローソンで買えちゃう。

 

ナチュラルローソンに行けば良いものを探し出す時間と判断力が節約されるのね。

 

ドラッグストアの数あるドラコスから"当たり"を探すコストがかからないし

無印良品の弱いパンスト買って損した気分も回避できる。

 

コンビニはスーパーやドラッグストアに比べて飲み物も雑貨も高いけど

相応に時間の節約ができるのでなるほど成長するわけ。

 

今後、消費者にこういう付加価値提供できる企業が生き残る。

 

何を選択しなくてもお金があればそれっぽい服装を選んでくれたり

相応のインテリアをデザインしてくれたり

 

私は本当に時間掛けたいこと以外はそっちでいいかな。