ライチ紅茶の海

雑ブログ

『コンビニ人間』村田沙耶香 感想(※ネタバレ)

『コンビニ人間』を買って読んでみた。

 

2016年上期の芥川賞受賞作品ということで、

書店で積まれてるのは見たけども、

立ち読みした記憶では出だしの文章が軽いタッチだったので

なんとなく権威が感じられなかった。

 

けど読んだ友人から「後味が悪い」という感想を聞き、

あの軽いタッチの文章からどんな後味の悪さを出してくれるのだろうと

興味が出てきたので、ついに買ってしまった。

私は別に後味が悪いとは思わなかったけわけだけど。

 

芥川賞の作品を買って読むだなんて、2003年下期受賞の

蛇にピアス金原ひとみ 以来だ。

f:id:a02nd_afterglow:20161220164704j:image

あらすじは、

コンビニを軸に社会生活をしていた店員の女性が、形だけは"普通の人"と同じ生活をしようと適当な同居人を見つけたり、似た年代の女性と同じ服装をして頑張ってコンビニから離れようとするけども、結局コンビニに戻ってきてしまう。コンビニという規則性のある場所が過ごしやすいだけでなく、自分がコンビニ人間であることを自覚するといったお話し。

 

読んだ感想は、

 小さい頃に感じる迫害、"他人と違う"ことを指摘される怖さって誰もが経験していて、

もしかしたら大人になっても我慢して"みんな"と合わせてなんとか生きている人が多いかもしれない。そんな人たちが共感できる作品かもしれない。

”普通の人間” ”普通の反応” というものがわからないので、

"普通ではない自分は一体なんなんだろう"と問いかける時間が貰える。

文章も現代的で、主人公の38歳女性を「売れ残り」と罵る男性が出てきたり、

その男性はある意味男性らしい自尊心の汚い部分を肥大化させたようなキャラクター

だったり、芥川賞にしては硬い文章が出てこない作品だったと思う。

 

芥川賞入門作品としては良いかもしれない。

私は好きだ。

 

 

電子レンジゆたんぽで人生が捗る

冬は暖房つけっぱなしだと電気代が高いので、エアコンを切タイマーにして寝るけど

結局4時頃寒くて起きちゃうんだよね。

 

そんな時に大活するのが湯たんぽ。

昔はお湯を沸かしてゆたんぽの容器に入れ、バスタオルをくるんで足元に置くと

足がぽかぽかでストンと眠りに落ちる。

 

 今は湯を沸かすなんて手間はいらず、電子レンジでゆたんぽができちゃうんです。

 

↓届いたのがこれ。

白元アースの レンジでゆたぽん(Lサイズ)

f:id:a02nd_afterglow:20161220123827j:image

 中身はこんな感じ。

ビニールのほうには水枕みたいなぶよぶよした液体が入ってる。

f:id:a02nd_afterglow:20161220123853j:image

 注意書きが書いてあるよ

f:id:a02nd_afterglow:20161220123842j:image

2つ折りのままレンジで温め、付属のゆたんぽカバーへイン!

(※布はレンジに入れません)

f:id:a02nd_afterglow:20161220123917j:image

ゆたんぽカバーも柔らかい手触りなので、布団の中で気持ちいです。 

f:id:a02nd_afterglow:20161220123921j:image

これのお陰で夜中寒さで起きることはなくなった。

 

そのかわり、朝布団から出るのは辛くなったけど。。。

 

↓調べたら、カバーがリラックマのものもあった。。。こっちのほうがかわいい。。。

 

続ける人、1人。

「したい人、10000人。 
         始める人、100人。 
                      続ける人、1人。」(中谷彰宏

 

この名言に励まされた人はたくさん居る。

 

が、この名言を生み出した中谷彰宏という人。この人ほんと活力溢れる人だ。

私が愛読している清水亮さんのブログshi3zの長文日記でも

"雑本"として紹介されている。

d.hatena.ne.jp

私もすぐにAmazonで検索してみたけど、

書籍だけで800件ヒットし、全てのカテゴリでは1,700件ヒットした。

これぞ続ける人、1人。

この名言はまさに中谷彰宏が自分自身を表した言葉だったのだ。

 

1年で本何冊出してんだ。

 

Amazonの新商品順に並べると、月に5冊発行するときもあれば、

2016年11月なんて月に11冊も発行している

すごいポテンシャルだ。学んでいこう。

 

中谷彰宏自身が書いた『中谷彰宏 名言集』もあるよ!