読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライチ紅茶の海

雑ブログ

ワタナベさん対策

複数のワタナベさんと仕事をする機会は誰にでもあると思う。

 

ワタナベさんからの依頼なんだっけ。

メールボックスを探す。

「送信者:渡邉」

 

見つからない。

 

じゃあこれならどうだ。

「送信者:渡邊」

 

見つからない。

 

えっ、もしかして

「送信者:渡辺」

 

.......あった....。

 

一番簡単なやつだったんかい!

 

ということでメーラーは送信者を平仮名カタカナやローマ字などの発音で検索できるようにしてくだしゃい...

 

...君のことだOutlook

 

 

ついに犬の餌までナチュラル

懲りずにナチュラルローソンの話である。

 

土地柄、枝みたいな脚をしたチワワやプードルなどの

小型犬が闊歩している町に勤めている。

 

やっぱ売れるのか。

ペットのご飯が陳列されているんだけど、パッケージがすごく美味しそうなんだよね。

 

f:id:a02nd_afterglow:20170519224007j:image

f:id:a02nd_afterglow:20170519223958j:image

 

 お菓子とパッケージが似ている。

※こっちは人間用

f:id:a02nd_afterglow:20170519224131p:image

 

普通のペットフード と違うところは、

犬猫の写真が載っていないところかな。

 

高級志向になると、買い手(飼い主)の皆様が

パッケージのペット写真に対して

「うちの子のほうがかわいい!」現象

にでもなるのでしょうか。

 

生き物が載ってないと途端にフラットなデザインになるね、

私はこの方が好きだな。

 

ところで1食100円〜200円くらいなのだけど、

私がいつも買ってるパンやおにぎりと同じ価格。。。

 

私の食費が安いのか...?

 

 

コンビニ商品には"選ばなくていい"時間の付加価値がある

ナチュラルローソンの話である。

 

パンストが破れた。

 

ナチュローに行けばグンゼの頑丈なパンティストッキングが手に入る。

 

美味しいチョコレートが食べたい。

 

ナチュローに行けばThe Chocolateがほぼ全種類手に入る。

 

化粧水切らしちゃった。

 

ナチュローに行けばLeaf & Botanicsの化粧水が手に入る。

 

これ全部、私がAmazonレビュー片っ端から読んだり

小売店を探し歩いたり、友人からのおすすめ聞いたりして見つけた商品なんだけど、全部ナチュラルローソンで買えちゃう。

 

ナチュラルローソンに行けば良いものを探し出す時間と判断力が節約されるのね。

 

ドラッグストアの数あるドラコスから"当たり"を探すコストがかからないし

無印良品の弱いパンスト買って損した気分も回避できる。

 

コンビニはスーパーやドラッグストアに比べて飲み物も雑貨も高いけど

相応に時間の節約ができるのでなるほど成長するわけ。

 

今後、消費者にこういう付加価値提供できる企業が生き残る。

 

何を選択しなくてもお金があればそれっぽい服装を選んでくれたり

相応のインテリアをデザインしてくれたり

 

私は本当に時間掛けたいこと以外はそっちでいいかな。

ブログは忘れた頃に書きたくなる

中学生の頃からブログを書いていた。

けど続いたことなどなく、思い至っては書き、書き溜め、やんなって、休止します→1週間もせずにまた書きたくなって、友人ブログのリンク貼ったりブログ仲間作ったり...

1年経たずにブログを消し、また作り...

 

こんなことずっと繰り返している。

 

中学生なんてもう10年も前だけど、

あの頃のブログ民はみんな平和だったなあ

 

好きなアーティストが一緒というだけでコメント欄で交流→リンクを互いのブログに貼り合う

というのがブログ友達を作る手段だった。

 

あの頃ってまだアフェリエイトとかSEOとかサイトランクとか気にしなくていい時代で、

ブログキャリア同士も互換性なんて無いガラパゴス化していたので、キャリアの検索ツールで探すくらいしかなかったんだよね。

ほんと、狭い狭いコミュニティだったんだけど、今より小銭稼ぎ感は無かったかな。

 

...「昔は〜」なんて言い出したら老害感パナいな。

 

何かテーマや目的がないと生きてちゃいけない、発信してはいけないと思い込んでたけど、そんなことは無くて、自分がどこかで書き留めておきたいなとか、ちょっとした感想や独り言でぜんぜんいんだよねブログって。

 

そういうものだったじゃないか。昔から(笑)

 

なので、そういうスタイルで運営していこうと思う。

そのほうが続く気がする。

「スマホで年賀状」というサービスを使ってみた

こんな感じのアプリ

f:id:a02nd_afterglow:20161220114048p:image

私が注文したのはこれ 

f:id:a02nd_afterglow:20161220114100p:image

 ほかにもいろいろデザインあるよ

f:id:a02nd_afterglow:20161220114112p:image

 

f:id:a02nd_afterglow:20161220114135p:image

 スタンプも入れられる

f:id:a02nd_afterglow:20161220114334p:image

 文字も入れられる

f:id:a02nd_afterglow:20161220114420p:image

 そして注文!

f:id:a02nd_afterglow:20161220114446p:image

自宅に一度送ってもらうこともできるし、

直接送付先へ送ることもできるよ!

 f:id:a02nd_afterglow:20161220114510p:image

 私はメッセージを手書きで描きたいので

自宅に送ってもらいました。

 

届いたものがこちら

 f:id:a02nd_afterglow:20170125224457p:image

 

f:id:a02nd_afterglow:20170125224504p:image

 

 f:id:a02nd_afterglow:20170125224510p:image

 

質感も印刷感が全く無く、買ってきた年賀状みたいだった。

 

12年後まで持っているかわからない年賀状スタンプを買って年賀状デザインを自作するならば、 

断然こちらのほうがクオリティや労力の面から考えてもお得だ。

 

今回は20枚で3100円だった。

 

登録すれば住所印刷もできるので、

また来年もあったら使いたい。

 

パンケーキ欲はジョナサンで満たされる

キャラメル&バナナのクリームブリュレパンケーキ 

599円(税抜)

 

さあ、幸せの時間

f:id:a02nd_afterglow:20170125223639j:image

 

 私の無意味な食レポなんかよりも写真で感じてくれ。

 

そしてスマホで最寄りのジョナサンを検索し、向かうのだ。

 

以上。

花のババロア(東京駅一番街)買ってみた

前々から気になっていた、花のババロアを買ってみた。

f:id:a02nd_afterglow:20170125220714j:image

花のババロアはエディブルフラワーという、文字通り食べれるお花をあしらったババロア

花自体にクセは無く、サッパリした味わいでした。

 

値段もお手頃で、 私が買ったのはフルールという商品4つ。

フレーバーはバニラヨーグルト、フレーズ、オレンジ、ショコラ、クリームチーズの5種類。

ショコラ以外の4つを購入した。

1つ350円(税抜)なので4つでも2000円はいかなかった。

ちなみに花の色は各種違っていて、店員さんがその場で選ばせてくれた。色が映える青色の花なんてとても綺麗だ。

 

持ち歩き時間が1時間を超えるなら200円で保冷剤と保冷袋に入れてくれるので、惜しみなく利用。

 保冷袋込みでも、手土産で2000円超えずに喜ばれるものが持っていけるのだからすごい。

 

加えて東京駅一番街は東京駅に入場しなくても入れる。オアゾ側が近いので、大手町に来たついでに帰るお土産だ。

 

さらに紙袋には小さなポチ袋に花の種(おそらくエディブルフラワーではなく普通のお花)が入っていて、

お店のお姉さんに「何の花か植えてのお楽しみです♪」

と言われてしまったので、うちに庭があったら即植えただろう。

 

都会だと花を植えるなんて経験滅多にしないので、子供と一緒に花植え体験するキッカケもいただける。

 

最後に無期限のスタンプカードも貰った。

f:id:a02nd_afterglow:20170125221647j:image

 f:id:a02nd_afterglow:20170125221650j:image

 

くうー、サッパリデザートですごく美味しかったし、また東京駅きたら買ってしまうなこれは(*´Д`*)

 

 味、デザイン、サービス共に大満足のお店だった。